ビヨンド・ザ・サン

デザインSystem:
 Dennis K. Chan
Art:
 Franz Vohwinkel
プレイ時間約60-120分
プレイ人数2-4人
対象年齢14歳以上
版元Rio Grande Games
販売ホビージャパン
発売日2022年4月
希望
小売価格
11,000円(税込)

地球は死につつある。ならば目指すは太陽のむこう。

舞台は二十三世紀の地球。人類は死にゆく惑星で絶滅の危機に瀕している。多大な努力の末、全人類は太陽系のその先へと旅するのに必要な初期技術を産み出すために一丸となった。この惑星を操っていた様々な勢力が自分たちの主張の違いを一旦脇に置き、人類の新たな住処を見つけようとした。

君はそのいくつかある強大な勢力のリーダーだ。居住可能な星系は近くにいくつかあり、そのどれを信奉者の新たな本拠地とするかは君の手腕にかかっている。それは人類の生存競争だ。だが、その運命を操るのは誰なのか? 君の権力への野心は果てが無い。植民のために探し求める銀河の広さと同じほどに。新たな時代に、君の勢力は支配する側になれるだろうか?

プレイヤーは手番順に、共通の技術ボード上で可能なアクションを実行、リソースを生産します。技術がさらに研究されていくことで、アクションの選択肢が増えていきます。そしてプレイヤーはアクションを使って経済を発展させ、宇宙船を移動し、星系に植民し、新たな技術を研究します。ゲームは一定数の実績が満たされた時点で終了に向かい、実績や入植した星系などで得られるポイントが最高い勢力が勝利します。

特徴的な、プレイヤー間で共通の技術ツリーを発展・使用する文明発展要素と、様々なアクションを駆使して行うリソースマネジメント要素を持ち、ゲーム終了条件とも得点ともなる実績カードは毎ゲームの展開を異なったものとします。また、様々な得点方法により勝ち筋が一つだけではなく、技術ツリーで開発される技術は毎回異なり、ゲームの条件が毎回変化するためリプレイアビリティも高くなっており、かつ様々な工夫によりゲーム自体もプレイしやすい、文明発展と宇宙開拓のゲームです。

内容物
技術ツリーゲームボード 1つ
宇宙探査ボード(両面) 1つ
技術カード 46枚(56×87mm)
イベントカード 20枚(56×87mm)
星系カード 24枚(56×87mm)
実績カード 10枚(56×87mm)
アクション置き換えタイル(2-3人用) 2枚
技術カード置場バー(上級選択ルール用) 2枚
開始プレイヤーマーカー 1つ
ギルドカバータイル 4枚
鉱石クリスタル 60個
勢力マット(二層、各勢力2種類) 8枚
6面リソースキューブ 80個
木製マーカーディスク 96枚
早見表 4枚
アクションポーン 4個
ルールブックと準備シート
注意事項
正誤・明確化

『ビヨンド・ザ・サン』に以下の誤りがありました。

イベントカード《進歩の道》
誤)~それをまだ研究していない各勢力は、それを研究してよい
正)~それをまだ研究していない各勢力は、それを研究してよい

勢力マット《正一同胞団》 上級 A能力
誤)1→深宇宙に+2
正)1→深宇宙に+2得る

早見表
色覚多様性対応のアイコン抜けがあります。

技術ボード
基本宇宙飛行のアイコンに、レイヤー指定ミスがあります。

アイコン類が専用特殊フォントとなっていたため、アイコン抜けやずれが発生しています。
以上お詫びして訂正いたします。

修正ファイル(pdf)

No post found

©2021 Rio Grande Games All Rights Reserved.|Made in Germany