レジスタンス

司会進行役いらず、脱落者無しの

人狼系ゲーム決定版

『レジスタンス』では、プレイヤーは地下抵抗組織――レジスタンスの一員となり、圧政を行う政府に対し、抵抗活動を繰り広げます。ただし、プレイヤーの中には政府からのスパイがまぎれており、レジスタンス活動に対してサボタージュを働きます。
人気の人狼系のゲームにも関わらず、マスター不要で最後まで脱落者のいない画期的なシステムの注目作です!
日本語版は選択ルールで使用する『陰謀カード』も含まれています。

メンバーに紛れ込んでいるスパイを推理せよ!

プレイヤーは順番に抵抗活動のリーダーとなります。リーダーは作戦参加メンバーを選び、それを全員で審議にかけます。このとき、作戦メンバーにスパイがいると思うなら反対してもいいのですが、5回編成に失敗するとスパイ側が勝利してしまいます。
抵抗活動のメンバーが決まったら、今度は選ばれたメンバーが作戦遂行をするかどうかの投票を行います。こちらの投票は誰が投票したのかがわからないもので、1人でも作戦の失敗に投票をしていたら、その作戦は失敗に終わります。
レジスタンス側ならスパイ側を排除して作戦を先に3回成功に導くことで、スパイ側であればなんとしても先に3回作戦を失敗させるか1回のメンバー選出で5回選出に失敗させることで勝利します。
果たして、前回の作戦を失敗させたのは誰なのか?
今回のメンバーの編成に反対しているアイツはスパイがいることを確信しているから反対しているのか、それとも内紛を期待しているだけなのか?

イベント会場限定販売 拡張「狼と犬」
res_ava_lake

『レジスタンス』のミニ拡張。第三勢力となる一匹狼と、
内部調査を進める官憲の犬が加わる。
イベント会場など、限定流通販売です。

 

ゲーム概要
デザイン Don Eskridge
人数 5~10人
対象年齢 13歳以上
時間 約30分
版元 Indie Boards andCards/Wargames Club Publishing Co. Ltd
価格 1,800円+税
取扱 ホビージャパン
発売 2011年5月

 

内容物

・カード 61枚
・マーカー類 7枚
・得点ボード 1枚
・ルールシート
その他

関連製品(拡張など)

©2010 Indie Boards andCards ©2010 Wargames Club Publishing Co. Ltd © 2015 HobbyJapan CO.,Ltd All Rights Reserved.一切の無断転載を禁止します。 ©2014 Lone Oak Games, Inc ©2015 戰棋會出版有限公司 版權所有