タブラの人狼

lupus_in_tabula_box

誰が人狼なのか? 村人と人狼のバトル

タブラの名で知られる人里離れた村が人狼に取りつかれた。毎夜、村人の誰かが人狼へと姿を変え、純朴な村人たちを殺害し、己の餓えを満たしていく。生き残った村人たちは、昼になるたび頭を突き合わせてこの問題を議論している。その議論の終わりには、その中の1人が人狼の疑いをかけられ、私刑にかけられるのだ。

あなたは、この月下に隠された秘密を暴き、殺戮劇を生き延びることができるのか? このゲームは、コミュニケーションが中心の大人数用ゲームです。このゲームで勝つためには、洞察力とひらめき、そして何事にも動じない演技力が必要です。

“人狼ゲーム”のスタンダード、待望の完全日本語版!

『タブラの人狼』は話題沸騰中の「人狼ゲーム」の一つで、2001年にイタリアで発売されて以来、数ある“人狼ゲーム”の中でも世界中で最もヒットしている、スタンダードと言える人狼ゲームです。

  • 大きく見やすい、能力まで記載されたキャラクターカード
  • 盛りだくさんの内容物で、ゲーム進行がスムーズ
  • ゲーム終了まで全員がゲームに参加できる「幽霊」ルールを採用
  • プレイヤー8人だけでプレイできる選択ルールつき
  • 脱落時に正体を明かさない「クローズルール」を採用
  • そして変わり種の「ハムスター人間」も、もちろん登場!
ゲーム概要
デザイン Domenico Di Giorgio(System)
Gianpaolo Derossi(Art)
人数 8~24人
対象年齢 8歳以上
時間 約20~40分
版元 daVinci Editrice S.r.l
価格 2,400円+税
取扱 ホビージャパン
発売 2013年11月

 

内容物

・キャラクターカード24枚(人狼3枚含む)
・長老カード1枚
・「ようこそ」カード1枚
・証拠トークン2枚
・投票トークン24枚 他

©daVinci Editrice S.r.l.