skip to Main Content

カードライン:恐竜編

デザイン Frédéric Henry
プレイ時間 約15分
プレイ人数 2-8人
対象年齢 7歳以上
版元 Asmodee
販売 ホビージャパン
発売日 2018年5月
本体価格 2,200円+税

古代生物たちの大きさや重さを予想して、正しく順番に並べてみよう!

 

『ディプロドクスは、明らかにティラノサウルスよりは重そうなんだけど、ブラキオサウルスと比べたらどうだろう? 僕は、その3体よりもステゴザウルスの方が軽いと思うんだけど、ケナガマンモスと比べたらどうだろう?
これは難しい問題だ。スミロドンだったら大体の重さがわかるので、こっちを先に置こう。次のゲームは、大きさで勝負しようと思う。多分こっちの方が簡単だと思うけど……』

 

このゲームを遊んでいると、自分の手札のカードを出すときにこんな疑問がしばしばわいてくるでしょう。一番先に自分の手札のカードすべてを正しい位置に出せればゲームの勝者です!
「カードライン」は、動物雑学カードゲームで、好評発売中の歴史雑学カードゲーム「タイムライン」と同じシステムを採用しています。「カードライン:恐竜編」は、恐竜をはじめとする様々な古代生物たちのカード110 枚が入っています。各カードにはその生物の特性(大きさ、重さ)が記されています。その時のルールで決めた特性(大きさ、重さのいずれか)の順に正しく並べていくのがこのゲームの目的です。遊び方は簡単で、楽しみながら古代生物の知識も身につく、子供から大人までエキサイティングにプレイできるカードゲームです。

内容物
カード110枚(表面に古代生物のイラストと名称が、裏面にはその動物の特性が表示されています)
注意事項
※「カードライン:動物編」と合わせてプレイ可能です。
正誤・明確化
カードライン:恐竜編
ティラノサウルスとステゴザウルス、どっちが重い? 正しい順番に並べていく、知識がつくカードゲームの恐竜編!
カードライン:動物編
動物の大きさ、重さ、寿命を予想して順番に並べてみよう!知識も身につく楽しいゲーム。

©Asmodee. All rights reserves.|Made in China

Back To Top