skip to Main Content

世界の七不思議

デザイン Antoine Bauza
プレイ時間 約30-40分
プレイ人数 2-7人
対象年齢 10歳以上
版元 REPOS Production
販売 ホビージャパン
発売日 2011年7月
本体価格 6,000円+税

世界中の話題独占!
7人までプレイ可能な文明発展ボードゲームが日本語版で登場

“世界の七不思議”とは、ギザのピラミッド、ロードスの巨人像、アレクサンドリアの灯台、エフィソスのアルテミス神殿、バビロンの空中庭園、オリンピアのゼウス像、ハリカルナッソスのマウソロス霊廟という、7つの偉大な建造物のこと。これらは古代世界において威容を誇っていました。

2010年末の発売以来、数々のゲーム賞を受賞し、世界各国のボードゲーム・シーンの話題を独占している文明発展ゲーム『世界の七不思議(7 Wonders)』が日本語版で登場です。

  • 2人から7人までプレイ可能
  • 1ゲームの所要時間は7人プレイでも約30分
  • 対象年齢:10歳以上
  • 繰り返しプレイしたくなる戦略性
  • カード、ルールブックが日本語表記になりプレイしやすく

“ドイツ三冠”達成の名作!

近年、日本でも知られてきた世界的ゲーム三賞「ドイツゲーム賞」、「ドイツ年間ゲーム大賞」、「アラカルトカードゲーム賞」において1位を獲得! 三冠は『ドミニオン』についで史上2タイトル目。2011年、世界が認めた必携必遊の一作です!

  • 日本ボードゲーム大賞2011 大賞(日本)
  • 2011年アラカルトカードゲーム賞 大賞(ドイツ)
  • 2011年ドイツゲーム賞 大賞(ドイツ)
  • 2011年ドイツ年間ゲーム大賞 エキスパートゲーム大賞(ドイツ)
  • 2011年フランス年間ゲーム大賞 審査員特別賞(フランス)
  • 2010年度スイス年間ゲーム大賞(スイス)
  • 2010年度ミープルズ・チョイスゲーム大賞(北米)
  • 2010年度トリック・トラックゲーム大賞(フランス)

 

本作は三つの時代にわたってプレイします。プレイヤーはそれぞれの時代ごとに7枚のカードを受け取り、そこから1枚選んでプレイ。残ったカードを左(もしくは右)に渡し、また隣から回ってきたカードから1枚選んでプレイし、隣に渡すことを繰り返して文明を築き上げていきます。

プレイヤーは同時にカードを公開してアクションを実行し、建物を立て、文明を獲得し、七不思議を発展させて、自分の都市を成長させていきます。各建物や文明には特殊な能力があり、さらに上級の文明へと連なって発展していきます。必要であれば資源を払ったり、製品を獲得したり、他のプレイヤーのカードに影響を与えたりします。

このアクションを6回繰り返すと1時代が終わり、各時代の最後には隣のプレイヤーと軍事力を比較し、軍事的優位を比べます。これを三時代繰り返して、勝利点を一番多く得るのが目的です。

内容物
七不思議ボード 7 枚
七不思議カード 7 枚
世代カード 148 枚
交戦トークン 46 枚
コイン 60 枚
注意事項
正誤・明確化
世界の七不思議:デュエル/DUEL
『世界の七不思議』に独立型二人用タイトルが登場!3つの時代を駆け抜けて文明を発展させよう!
世界の七不思議:バベル/BABEL
『世界の七不思議』の拡張セット第3弾。「バベルの塔」「バベルの偉大な計画」の2つの拡張入り。
世界の七不思議:都市/CITIES
『世界の七不思議』の拡張第2弾。新たな建造物「都市」が加わります。
世界の七不思議:指導者たち/LEADER
『世界の七不思議』の拡張第1弾が発売。36人のリーダーたちが登場。
世界の七不思議
世界中で大人気の文明発展ゲーム。「七不思議」を建てて自文明を強くしよう!

©2011 REPOS Production|Made in China

Back To Top