ホワイトチャペルからの手紙

19世紀末、ロンドン。ホワイトチャペルの路地に

殺人鬼“切り裂きジャック”現わる!

 あふれんばかりの人混みと悪臭に満ちた貧民街が連なる通りこそ、ロンドンでも貧しくみじめで哀れな者たちが我が家と呼ぶ場所だ。街角はどこもかしこも娼婦たちが立ち、客を呼び込んでおり、そのような女たちは「さげすまれ者」と呼ばれ、その名の通りの境遇の、哀れな者たちだった。そしてここはこれ以上ひどい場所はないであろう、最底辺の街だ。そして、通りを殺人鬼が歩き、「さげすまれ者」の哀れな人生に恐ろしい幕引きをしていた。切り裂きジャックの夜が来たのだ。

倫敦を舞台に繰り広げられる

ジャックと捜査員たちの対決

『ホワイトチャペルからの手紙』は、19世紀末ヴィクトリア朝のロンドンを舞台に、プレイヤーのうち1人が切り裂きジャックとなり、他のプレイヤーは彼を追う捜査員となります。
切り裂きジャックは恐るべき殺人を実行した後、捜査員からの追跡を逃れ、迷路のように入り組んだホワイトチャペル地区の闇夜に紛れます。
何としても捜査員側は推理をきかせて、切り裂きジャックが次の殺人を犯す前に、お互い協力して切り裂きジャックを追い詰めていかなければなりません。はたして、史上最も有名な連続殺人犯、切り裂きジャックは史実と同じく正体は謎のまま逃れてしまうのか? それとも彼の秘密を白日の下に暴き、法の裁きにかけることができるだろうか?
雰囲気たっぷりのアートワークを用いた、追跡と逃走の手に汗握る2~6人用のゲームです。

※ 当商品は、以前当社より販売しておりましたボードゲーム『ホワイトチャペル』日本語版の改訂新版となります。

ゲーム概要
デザイン Gabriele Mari
Gianluca Santopietro
人数 2~6人
対象年齢 13歳以上
時間 約90分
版元 Giochi Uniti
価格 6,000円+税
取扱 ホビージャパン
発売 2015年10月

 

内容物

・ゲームボード1枚
・早見表5枚
・手紙タイル4枚
・捜査主任タイル5枚
・特別移動トークン5枚
・婦人トークン8個
・巡回警官トークン7個
・娼婦コマ5個
・警官コマ5個
・ジャックコマ2個
・犯行時間トークン1個
・ついたて1枚
・記録シート1冊
・マーカー類27個 他

©2012/2015 Tiopi srl. All rights reserved.