タシュ=カラール 伝説の闘技場

見よ! 魔術師たちの織り成す奇跡の決闘を!

 キミは伝説の闘技場、『タシュ=カラール』の名が冠された、魔法使い同士の決闘――カラライト石を配置し、魔力を配列し、夢幻のクリーチャーを召喚して相手のクリーチャーを破壊する――の駆け出しの闘者だ。
展覧席では皇帝陛下が戦いの推移をご覧になっている。
魔法使い同志の複雑怪奇な駆け引きは、ただ単に魔力が強く、強力なクリーチャーを呼び出せればよいというものではない。
最強の座を得るは洗練されし帝国流か? 猛々しくも恐ろしい高地蛮流か? 変幻自在な樹界精霊流か? 己の技と戦略に従い、発展してきた流派が今激突する!
相手の先を読み、魔力の『配列』を己が物にし、力の頸(くび)木(き)を解き放ち、魔法の焔を操って、クリーチャーを顕現せしめ、場を支配せよ! 伝説のクリーチャーが勝敗の鍵となろう! 

複数の対戦式で決闘を繰り広げる

タシュ=カラール:伝説の闘技場』は、対戦でもバトルロイヤル形式でも遊べる、魔術師同士の戦闘をテーマにしたボードゲームです。
ゲームは1対1の決闘形式、2対2のタッグ戦、バトルロイヤル戦など人数によって様々な遊び方があり、またこの世界での伝統的な戦闘中に皇帝の要求を満たそうとする「クラッシック戦」と、ひたすら破壊を行う「デスマッチ戦」の2種類の競技ルールがあります。
ゲームは自分のターンに行える2アクションで、場に魔力の源となる「カラライト石」の配置をしたり、その配列の条件をそろえることで様々なクリーチャーを召喚するなどし、対戦相手の配置したクリーチャーやカラライト石を破壊しようとします。召喚されるクリーチャーは様々な能力を持ち、闘技場に顕れるときにさまざまな効果を発生させることができ、場の配列とクリーチャーの能力を考慮しなければならない戦略性を持ちます。
陣取り的な要素と、トレーディング・カードゲームのようなカードの能力の要素が組み合わさった、注目の戦略ボードゲームです!

正誤表

『タシュ=カラール:伝説の闘技場』のカードに誤りがございました。お詫び申し上げますとともに訂正いたします。

樹界精霊流≪森の王女≫

誤)あなたは、あなたの一般級ユニットに隣接するスクエアにある敵の一般級ユニット1体を、あなたの一般級ユニットに変換してもよい。
正)あなたは、斜めに隣接するスクエアの1つにある敵の一般級ユニット1体を、あなたの一般級ユニットに変換してもよい。

※ 実際の商品では、太字、下線はありません。

 

ゲーム概要
デザイン Vlaada Chvátil
人数 2~4人
対象年齢 13歳以上
時間 約30分
版元 Czech Republic
価格 6,000円+税
取扱 ホビージャパン
発売 2014年2月

 

内容物

・クリーチャーカード
・北方帝国流18枚
・南方帝国流18枚
・樹界精霊流18枚
・高地蛮流18枚
・伝説のクリーチャー12枚
・タスクカード24枚
・焔カード12枚
・闘技場ボード1枚
・ユニット68個(各色17個)
・伝説級ユニット12個(各色3個)
・得点ボード4枚 など
・タシュカラール誘いの書1部
・完全ルール1部

関連製品(拡張など)

©Czech Games Edition