タケノコ

竹林造営で友好の証であるパンダを世話しよう

『タケノコ』は『世界の七不思議』のデザイナーでもあるアントワーヌ・ボゥザによる竹林造営ゲームです。
プレイヤーは庭師を使って土地を灌漑し竹を育て、時には育てた竹をパンダに食べさせて、帝の理想にかなった竹林を作っていくゲームです。
庭師&パンダ
ゲームの重要な要素でもある、パンダと庭師の彩色済みフィギュアや、節ごとに分かれている積み重ね式の竹のコマもセールスポイントです。

 

ずっとずっと昔、日本の宮中でのお話です…。
長い一連の紛争のあと、日本と中国の外交関係はついに好転しました。この同盟を立派に祝うため、中国の皇帝は日本の帝へ、平和のシンボルである神聖な動物、パンダを贈りました。
帝は、竹の庭園を用意してパンダの世話をするという困難な仕事を臣下(プレイヤー)に委ねました。プレイヤーは土地を耕し、灌漑し、庭師の手を借りて3種類の竹(緑、黄、桃)の1種を育てます。
柔らかくおいしい竹を求める、この神聖な動物の猛烈な食欲にプレイヤーは耐えなければならないでしょう……。
繊細なパンダに餌を与えながら、土地をうまく管理し、最も多くの竹を育てたプレイヤーがゲームに勝利します。

ゲーム概要
デザイン Antoine Bauza
人数 2~4人
対象年齢 13歳以上
時間 約45分
版元 Matagot
Studio Bombyx
価格 5,000円+税
取扱 ホビージャパン
発売 2011年11月

 

内容物

・区画タイル28枚
・竹の節コマ90枚
・灌漑水路20本
・改善チップ9枚
・目的カード46枚
・プレイヤーボード4枚
・アクションチップ8枚
・天候ダイス1個
・パンダフィギュア1体
・庭師フィギュア1体 他

©Matagot ©Bombyx