skip to Main Content

ル・アーブル+ル・グランアモー

デザイン Uwe Rosenberg
プレイ時間 約100-200(ショートゲームルールあり)分
プレイ人数 1-5人
対象年齢 12歳以上
版元 Lookout Games
販売 ホビージャパン
発売日 2015年9月
本体価格 7,000円+税

『アグリコラ』のローゼンベルグの“収穫三部作”第2弾

2009年国際ゲーマーズ賞のタイトルを獲得した『ル・アーブル』を、このたび拡張セット『ル・グランアモー』をセットにした形で日本語化。本作のデザイナーは『アグリコラ』のウヴェ・ローゼンベルグ。

彼の手による収穫三部作の第2弾として2008年に発表され、2009年には国際ゲーマーズ賞(International Gamers Awards)大賞、ドイツゲーム賞2位、ゲーム100選“ベスト高等戦略ゲーム”など、数々の世界的ゲーム賞を受賞している、すでに名作の呼び声も高い作品です。

  • 国際ゲーマーズ賞(米):大賞
  • ゲーム100選(米):ベスト高等戦略ゲーム
  • ポルトガル年間ゲーム大賞(葡):3位
  • トリック・トラック賞:二位(仏):2位
  • ゴールデンギーク賞:ゲーマーズゲーム賞

ル・アーブルはフランスで2番目に大きい港町。このゲームは、港に届く様々な商品を、街やプレイヤー所有の施設で加工して交易しながら、ゲーム終了時所持しているお金、船、建物などの財産を最も多く所有しているプレイヤーが勝利となります。ただし食料の確保がキーとなり、毎ラウンド終了時の収穫で農産物を入手して、従業員を扶養しなければなりません。

たくさんの建物が出てくるタイミングや組み合わせ、さらに毎回少しずつ出てくる「特別の建物」の使い方によって、プレイするたびにゲームの展開が毎回異なるのも、このゲームの魅力となっています。

拡張セット『ル・グランアモー』

同梱の拡張セット『ル・グランアモー』は、『ル・アーブル』のファンが作者たちとともに考案した新しい特別の建物30枚が入った、『ル・アーブル』の拡張セットです。特別の建物「中央駅」を使えば建物に2件連続で入ることができ、「証券取引所」を買えば他のプレイヤーの利益に便乗できます。『ル・グランアモー』はフランスの港町に新風を送り込む拡張セットです。

内容物
『ル・アーブル』
ルールブック
付録:建物の概要
ゲームボード 3 枚
人員コマ(木製) 5 個(各色1個ずつ)
船コマ(木製) 5 個(各色1個ずつ)
補給タイル(大きい円) 7 枚(2つのマーク付)
食料タイル(大きい円) 16 枚
スタートプレイヤータイル(大きい円) 1 枚

【マーカー類 420 枚(以下内訳)】
1フランコイン 48 枚
5フランコイン 30 枚
牛/肉マーカー 60 枚
麦/パンマーカー 60 枚
鉄/鋼鉄マーカー 30 枚
粘土/レンガマーカー 42 枚
材木/木炭マーカー 48 枚
魚/燻製マーカー 42 枚
石炭/コークスマーカー 30 枚
毛皮/なめし革マーカー 30 枚

【カード 110 枚(以下内訳)】
概要/倉庫カード 5 枚(各色1枚)
標準の建物カード 33 枚
特別の建物カード 36 枚
ラウンド/船カード 20 枚
借用証カード 11 枚
ラウンド概要カード 5 枚(プレイ人数ごとに各1枚)

『ル・グランアモー』
建物カード 30 枚
注意事項
正誤・明確化

正誤表

特別の建物カードGH30「靴工場」訂正

『ル・グランアモー』のカードに、下記の訂正がございます。
お詫びして訂正させていただきます。右の画像をクリックして大きい画像をご利用ください。

特別の建物カードGH30「靴工場」アイコン内のテキスト

  • :毛皮
  • :なめし革
ル・アーブル+ル・グランアモー
『アグリコラ』のローゼンベルクが贈る“収穫三部作”第2弾。拡張セット『ル・グランアモー』込みで日本語化!
ル・アーブル:内陸港
『ル・アーブル』の雰囲気はそのままに、『祈り、働け』のシステムを導入した2人用ゲーム。

©Lookout Games|Made in Germany

Back To Top