エアライン・ヨーロッパ

airline_europe_box

航空機が交通の革命を起こしたヨーロッパ。

旅客機による空の旅の時代がやってきました。
勇気ある経営者たちは航空会社を設立し、ヨーロッパの上空を舞台に、限りあるライセンスを巡り、競争を繰り広げます。
急速に発展する市場と、さらなる利益をもたらすであろうその可能性は、新たな投資家たちの心を引きつけています。
しかし、成功を手にするのは、その影響力を活用し、有益な航空会社により多くの投資をしたものだけなのです。
『エアライン・ヨーロッパ』は、『エルフェンランド』と『チケット・トゥ・ライド』で2度にわたりドイツ年間ゲーム大賞を受賞しているゲームデザイナー、アラン・R・ムーンが手掛けた傑作鉄道ゲーム『ユニオン・パシフィック』の設定を、航空会社の路線に置き換え、さらに洗練させてリメイクされた経済ゲームです。

20世紀前半のヨーロッパを舞台にした

経済ボードゲーム

プレイヤーは投資家となり、航空路線を購入し、航空会社の株式を入手します。その後、株式による配当を得て、その資本を元にさらに航空路線を購入し、株式を手に入れていきます。
ゲーム中に何回かある決算のときに、所持している株式に応じて勝利点を獲得します。最終的に獲得した勝利点が最も多いプレイヤーになることを目指します。
自分の手番の選択肢は多いができることは1つだけというジレンマに悩まされるゲーム展開は、前作「ユニオン・パシフィック」から引き続き健在。また、ディフォルメされたカラフルな飛行機コマがたくさん入っているのもポイントが高い点です。
ドイツ・ボードゲームファン待望の傑作です。

ゲーム概要
デザイン Alan R. Moon
人数 2~5人
対象年齢 13歳以上
時間 約75分
版元 GmbH&Co. KG, Dreieich
価格 5,600円+税
取扱 ホビージャパン
発売 2011年9月

 

内容物

・ゲームボード:1枚
・カード:135枚
・勝利点チップ:84枚
・飛行機コマ:112個
・航空会社マーカー:20個
・紙幣:70枚
・ボーナスタイル:4枚 他

©2010 HUCH! & friends